業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

パーキンソン病による認知症、「嗅覚」と関係アリ 東北大

2012年03月18日(日)09時00分配信 配信日:12/03/18 09:00 icon_view1252view icon_view1252view
■「嗅覚障害」の人は認知症になりやすい

脳の神経伝達物質でもある「ドーパミン」が減ることで発病するパーキンソン病。脳内の情報伝達がうまくいかないため、筋肉や手足が震えるといった症状がでてくる。また、パーキンソン病の患者のうち約8割が認知症を併発するのも特徴だ。

東北大大学院医学系研究科の武田篤准教授は、パーキンソン病による認知症に「嗅覚」が関係していることを発見し、3月2日に同大学を通じて発表した。

■世界で初めて明らかになる

武田准教授らの研究によると、パーキンソン病の患者で嗅覚障害をもったグループは、そうでないグループより認知症の発症率が非常に高かった。一方で、嗅覚障害をもっていない患者には認知症の発症がみられなかった。パーキンソン病による認知症と嗅覚障害の関係が明らかになったのは世界初で、研究結果の詳細は国際科学雑誌「Brain」にも掲載された。

武田准教授は
「嗅覚調査はパーキンソン病患者の認知症の予測に有効で、今後は認知症の早期診断、早期治療や予防が可能になる。認知症の治療薬を嗅覚障害のあるパーキンソン病患者に投与することを提案したい」(河北新報)

と語った。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20167件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5707件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る