業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

昨年より重症化傾向の花粉症 ナゼ?

2012年03月28日(水)17時00分配信 配信日:12/03/28 17:00 icon_view958view icon_view958view
■今年の花粉量は少ないのに

厚生労働省のホームページによると、国内の29.8パーセントの人が花粉症を患っているとされており、スギ花粉が飛散を始める2月頃になるとくしゃみや鼻水などの症状に頭を悩ませる人も多いはず。今年の花粉飛散量は昨年の3割程度とされているが、「いつもより症状が重い」と訴える患者が多いという。

■西日本を中心に重症化傾向

天気予報のインターネットサービスを提供している株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)が、3月8日(木)~13日(火)の期間に同社のスマートフォンアプリを利用している30,708人にアンケートを実施したところ、「昨シーズンと比べて症状は?」という問いに対して「症状は重い」「同じくらいの症状」と回答する人が全体の52.3パーセントとなった。今年の花粉量は前年比の3割と言われているが、なぜ症状が重いと感じる人が多いのだろうか。

福岡県の耳鼻科医は、今回のようなケースについて
「昨年は記録的な飛散量だった。このため、体の中で生じた抗体がそのまま残り、今年の花粉と反応して症状がひどくなるのではないか。同様の理由で今年初めて花粉症になった人も多い」(産経ニュース)

と話している。

ウェザーニューズの調べでは、症状が重いと訴えた人の多くは宮崎県、長崎県、鹿児島県などの西日本の地域だった。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る