運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

世界初!3Dマンモグラフィ画像の診断システム 富士フィルム

2012年03月28日(水)17時00分配信 配信日:12/03/28 17:00 icon_view1149view icon_view1149view
■3D(立体)画像で診断の精度向上

富士フイルム株式会社は、乳がんの検査において、高精細なマンモグラフィの画像を立体視できる画像診断システム「リアル3Dマンモグラフィ」(以下 3Dマンモグラフィ)を、富士フイルムメディカル株式会社を通じて3月26日に新発売した。

■乳房組織の立体的な構造を一目で確認

「3Dマンモグラフィ」では、乳がん検査用デジタルX線撮影装置「AMULET f」で乳房を撮影する際に、角度差をつけて2つの画像の撮影を行う。撮影した2つの画像を「3Dマンモグラフィ」専用の2面構成の高精細モニターに表示し、偏光眼鏡をかけ、ハーフミラーを通して見ることにより、奥行きのあるリアルな3Dのマンモグラフィ画像を観察することができるのである。

この診断システムは世界で初めて同社が販売を行う。これまでは、2次元型のマンモグラフィーで診断を行っていたが、乳腺としこりの重なりを判別することが難しいケースもあり、画像分析にも時間がかかるため、医師の負担も大きかった。

リアルな3Dのマンモグラフィ画像で詳細な観察をすることにより、診断の精度の向上や、診察時間の短縮が期待できるという。品名は「リアル3Dマンモグラフィワークステーション」(薬事販売名 富士画像診断ワークステーション SMV658型)。価格は1500万円(税別)である。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.04.26 new 239.モノで釣る手法の見直しを 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.21 new 薬剤師が知っておきたい! これからの肺がんチーム医… 【特集記事】

2017.04.19 238.良かったと感じられる行動はどんなことか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.13 39.4人に1人が週1回以上訪れるドラッグストアで… 【オモテに出ている裏話】

2017.04.12 237.薬剤師56位の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19590件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5548件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る