業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

うつ病の客観的検査法開発 タンパク質結合物質を利用して

2012年04月04日(水)17時00分配信 配信日:12/04/04 17:00 icon_view743view icon_view743view
■脳内の抗原の量が減少するとうつ病症状が

愛知県名城大学神経精神薬理学の、鍋島俊隆教授らの研究チームが、メラノーマ抗原D1(MAGE-D1)の量を脳の前頭前野で減少させたマウスに、うつ病の症状が現れることを発見し、3月28日付で、米科学誌、ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに発表した。

また、同チームは3月30日までに、この原理を利用して、血中タンパク質の結合程度で、うつ病を診断する検査法を開発した。

■血中タンパク質の結合率は、うつ病患者では低くなる

研究では、健常者と比較して、うつ病患者の血中タンパク質の結合率が、軽度の患者で約2割、重度の患者で約4割低くなっていることが明らかになった。従来、うつ病の診断は、問診で行われることが多く、数値での客観的指標は少なかったため、症状の度合いを的確に診断できる可能性が高い。

鍋島教授は
「非常に有力な指標の一つで、製薬会社などに呼び掛け、診断キットを実用化したい」

としている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る