運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

【PMDA】気管チューブの取扱いについて注意喚起

2012年04月16日(月)17時00分配信 配信日:12/04/16 17:00 icon_view1118view icon_view1118view
■あわてて押し込まないこと

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構は、医療安全情報「気管チューブの取扱い時の注意について」を、2012年4月に発出しました。

事例では、「モニタのSpO2下限アラームが鳴り確認したところ、気管チューブが食道に誤挿管されていた」「人工呼吸器の分時換気量低下アラームが鳴り確認したところ、カフラインが患者の首もとに落ちていた」などがあるそうです。

■食道に誤挿管される危険性がある

気管チューブを、抜けかけた状態でそのまま挿管すると、チューブの先端が気管から外れている可能性があり、食道に誤挿管される危険性があります。

また、患者が気管チューブのカフラインを噛みきってしまうと、カフが収縮して、吸気ガスの漏れにつながる恐れがあります。

このことから、PMDAでは、次の点に注意を促しています。
・気管チューブが抜けかけている時は、速やかに医師に連絡をする。また再挿管後は、呼吸音を聴取するなどし、適切に挿管されたことを確認する。

・気管チューブを固定する際は、カフラインが患者の歯に接触しないように注意すること。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1276件)

show

2016.12.08 new 23.報われるがまん、報われないがまん 【メンタルヘルス】

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18435件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5384件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:12月01日~12月08日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月01日~12月08日

もっと見る