業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

【PMDA】気管チューブの取扱いについて注意喚起

2012年04月16日(月)17時00分配信 配信日:12/04/16 17:00 icon_view1183view icon_view1183view
■あわてて押し込まないこと

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構は、医療安全情報「気管チューブの取扱い時の注意について」を、2012年4月に発出しました。

事例では、「モニタのSpO2下限アラームが鳴り確認したところ、気管チューブが食道に誤挿管されていた」「人工呼吸器の分時換気量低下アラームが鳴り確認したところ、カフラインが患者の首もとに落ちていた」などがあるそうです。

■食道に誤挿管される危険性がある

気管チューブを、抜けかけた状態でそのまま挿管すると、チューブの先端が気管から外れている可能性があり、食道に誤挿管される危険性があります。

また、患者が気管チューブのカフラインを噛みきってしまうと、カフが収縮して、吸気ガスの漏れにつながる恐れがあります。

このことから、PMDAでは、次の点に注意を促しています。
・気管チューブが抜けかけている時は、速やかに医師に連絡をする。また再挿管後は、呼吸音を聴取するなどし、適切に挿管されたことを確認する。

・気管チューブを固定する際は、カフラインが患者の歯に接触しないように注意すること。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る