業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

もう春なのに 18人がインフルエンザ集団感染 秋田県

2012年04月17日(火)17時00分配信 配信日:12/04/17 17:00 icon_view1060view icon_view1060view
■入院患者7人、職員11人

今月13日、秋田県の大館市立総合病院(館岡博院長)はインフルエンザの集団感染があったことを明らかにした。12日の時点では入院患者7人、職員11人の計18人の感染が確認されている。

■最初は職員2人が発症か

病院の発表によると、7日に複数の患者が体調不良を訴え、検査したところインフルエンザの反応があった。今月4日頃に職員2人がA型インフルエンザに感染していたことから、この職員2人が感染源となった可能性があるとしている。現在、重症化している患者はおらず、全員回復に向かっているという。

病院は
「安全安心の医療を提供すべき病院で集団感染が起きてしまい、申し訳ない」(日本テレビ)

とコメントしている。

同病院のホームページでは、感染拡大を防ぐため入院患者への面会を制限している。暖かくなってきたが、まだインフルエンザへの警戒が必要だ。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月18日~07月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月18日~07月25日

もっと見る