運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

骨粗鬆症の治療などで、タンパク質に期待

2012年04月24日(火)17時00分配信 配信日:12/04/24 17:00 icon_view800view icon_view800view
■形成促進と破壊抑制の二つの働きを併せ持つセマフォリン3A

東京医科歯科大学の高柳広教授らの研究チームが、「セマフォリン3A 」というタンパク質が、骨の形成促進と、骨破壊抑制の二つの働きを併せ持っていることをマウスを用いた調査で確認し、4月18日付で英国科学誌、ネイチャー電子版に発表した。

■従来の治療では、破壊のみを制御できず

セマフォリン3Aは、これまで神経細胞の成長などに関わるとされてきた。骨の新陳代謝の過程では、骨の形成と破壊の双方のプロセスが絡む。例えば骨粗鬆症は、このバランスが崩れ、破壊に傾いてしまうことによって起こる。これまでの治療では、骨の破壊を抑えようとすると、形成作用も同時に抑制されてしまうという問題があった。

今回の研究では、マウスを使ってタンパク質の解析を行ったが、セマフォリン3Aは人間にもある。高柳教授は
「骨の破壊を減らすとともに形成を増やす新しい治療法の開発につながる」

と今後の臨床への応用に意欲的なコメントをしている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る