業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

がんセンター藤原氏 個別化医療、「科学以外」の課題たくさん

2012年04月27日(金)10時14分配信 配信日:12/04/27 10:14 icon_view1147view icon_view1147view
国立がん研究センター中央病院副院長の藤原康弘氏が、26日に都内で開かれた「バイオテック2012」で個別化医療をテーマに講演。抗がん剤などの投与前に、コンパニオン診断薬を用いて効果や副作用の有無を判定する遺伝子検査を日本の医療現場に普及させるには、現行保険制度の枠組みが障害になるなど「科学以外に左右されることが多い」とし、環境面での不備を指摘した。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5568件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る