業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

経口抗凝固薬 市場は“慎重投与”に傾斜

2012年05月15日(火)09時31分配信 配信日:12/05/15 09:31 icon_view969view icon_view969view
ワーファリン以来50年ぶりの新薬、出血管理は必要
心房細動後の脳卒中予防(SPAF)の適応で大型化が見込まれる経口抗凝固薬市場に変化が出ている。11年3月に発売された日本ベーリンガー・インゲルハイムの直接トロンビン阻害剤「プラザキサ」(一般名=ダビガトラン)は、2週間以上の長期投与が解禁。4月には、バイエル薬品が血液凝固第Xa因子(FXa)阻害剤「イグザレルト」(リバーロキサバン)を国内投入した。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る