業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

経口抗凝固薬 市場は“慎重投与”に傾斜

2012年05月15日(火)09時31分配信 配信日:12/05/15 09:31 icon_view1031view icon_view1031view
ワーファリン以来50年ぶりの新薬、出血管理は必要
心房細動後の脳卒中予防(SPAF)の適応で大型化が見込まれる経口抗凝固薬市場に変化が出ている。11年3月に発売された日本ベーリンガー・インゲルハイムの直接トロンビン阻害剤「プラザキサ」(一般名=ダビガトラン)は、2週間以上の長期投与が解禁。4月には、バイエル薬品が血液凝固第Xa因子(FXa)阻害剤「イグザレルト」(リバーロキサバン)を国内投入した。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る