業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「高額」理由に後発容認、波及に危機感

2012年06月15日(金)09時28分配信 配信日:12/06/15 09:28 icon_view836view icon_view836view
インドの知財紛争 国内企業が日本政府に異例の要望
日本の製薬企業が、新興国で起きた特許紛争に神経を尖らせている。ナトコ・ファーマは3月、地元インドで独バイエルの抗がん剤「ネクサバール」の後発品販売権を勝ち取った。同剤は特許期間中ながら、ナトコが主張した「強制実施権」の訴えをインド当局が容認。先発品の30分の1に価格を抑えた後発品の販売に踏み切った。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る