業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

【医療事故】点滴漏れで、男児の足が指壊死 熊本大病院

2012年06月25日(月)17時00分配信 配信日:12/06/25 17:00 icon_view2004view icon_view2004view
■原因については調査中

熊本市の熊本大学医学部附属病院で、男児に今年2月に行った生体肝移植手術の際、点滴液が血管外に漏れ出し、右足の親指の先が壊死する事故があったことが分かりました。

病院側は家族に謝罪をし、現在、事故の詳細な原因については調査をしているとしています。

■点滴の塩化カルシウムが漏れて炎症か?


男児は、重い肝疾患のため、家族から提供された肝臓の移植手術を受けていました。

10時間以上に及ぶその手術では、足の甲など5カ所に点滴をし、輸血や水分、薬剤補給などをしていましたが、腹部以外はシーツで覆われており、足の状態については確認をしていませんでした。

同病院では、再発防止として、極力足への点滴は避け、足へ点滴をする場合は、異常がないか確認をするとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る