業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「陣痛119」タクシー 検診でも利用可 仙台

2012年07月02日(月)17時00分配信 配信日:12/07/02 17:00 icon_view5241view icon_view5241view
■ドライバーは救命講習受講済み

仙台では、タクシー会社、グリーンキャブ仙台支社が、昨年12月より「陣痛119」というサービスを開始し、妊婦の間で口コミで利用が広がっている。仙台市防災安全協会などで、救命講習を受けたドライバーが乗務するタクシーが、妊婦の通院の手助けを行う。

妊婦は初回利用開始時に、名前、自宅、かかりつけ病院、緊急連絡先などを電話で登録する。電話で名前を伝えると、優先的に配車が行われる。検診のための通院時も利用可能。また、急に陣痛が始まったときなどは、夫や家族など登録した緊急連絡先への連絡代行をしてくれる。料金は通常運賃。

■緊急時以外でも利用可能

このサービスでは、出産時のみでなく、定期検診などでも利用ができるのが特徴。例えば、5月に日本交通が、出産間近の妊婦を病院に運ぶ「陣痛タクシー」サービスを都内で開始したが、こちらは現状で陣痛が起った妊婦が対象。

同社営業推進課の阿部吉昭氏によると、緊急を要しない検診や出産では救急車を利用することができない。核家族で、近所に頼れる家族や知人がいない妊婦も、安心して病院に行くことができる仕組みが必要と考え導入に至ったという。

登録は無料。登録、連絡先はフリーダイヤル(0120)279250。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5597件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る