運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

20歳で痩せすぎの女性、将来妊娠糖尿病のリスク

2012年07月06日(金)17時00分配信 配信日:12/07/06 17:00 icon_view2209view icon_view2209view
■痩せていることと妊娠糖尿病の初の関係指摘

筑波大学水戸地域医療教育センター、谷内洋子博士研究員らが20歳の時の体型と妊娠糖尿病の関係についての論文を英糖尿病学会誌のオンライン版に発表した。

これによると、20歳の時に痩せている女性が妊娠すると、妊娠糖尿病のリスクが高くなる。これまで、肥満が妊娠糖尿病の原因となり得る点については多くの報告が寄せられていたが、痩せていることが妊娠糖尿病と関連するとの指摘は初。

■BMI18以下では、妊娠糖尿病のリスク4.85倍

研究チームは、2008年から2010年に、糖尿病の既往歴がない妊娠初期の女性624名を対象に調査を行った。このうち妊娠中期までに妊娠糖尿病を発症した28人の体重を分析した。その結果20歳の時の体重がBMI18以下の「痩せている」に該当する女性では、BMIが18以上の女性に比べて妊娠糖尿病の発生率が4.85倍と高いことが確認された。

妊娠糖尿病は妊娠をきっかけに、インスリンの効率が落ち、インスリンの分泌量が増えずに高血糖になる状態。早産、妊娠高血圧症候群や、胎児が大きくなりすぎるおそれがある。痩せている女性では、栄養不足や筋肉量の低下などがん原因で、高血糖になっていることがあるという。日本では痩せていることが美しいという風潮があるため、30代くらいまで痩せすぎの女性が多いという特徴がある。

今回の調査から、痩せすぎは妊娠糖尿病のリスクを高めることが明らかになったため、研究チームからは、痩せていれば美しいという価値観をもたらす社会そのものを見直す必要があるのではないかとの指摘もされている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1383件)

show

2018.04.25 new 291.高まる『対面』の再検討機運 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.18 new 290.全滅全敗と笑顔で話せる業界の感覚 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.13 学会レポート_患者さんが安心してがん治療を受けられ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.11 289.そちらでやるなら、こちらもこうする 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.06 がん患者さんの治療の伴走者として薬剤師に必要なこと… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(20655件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(15件)

show

ブログ(5801件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:04月20日~04月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月20日~04月27日

もっと見る