業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

【医療事故】検査結果を見落とし、がんを放置 奈良・土庫病院

2012年07月08日(日)09時00分配信 配信日:12/07/08 09:00 icon_view1315view icon_view1315view
■治療が1年間遅れる

特定医療法人健生会「土庫(どんご)病院」で、胃がんの検査結果を見落とし、胃潰瘍と誤って診断し、1年間がんを放置していたことが分かりました。

患者は、その後末期がんと診断され、治療を続けていましたが、2012年7月3日に亡くなりました。

■検査結果を見ず、思い込みで診断

この男性は、土庫病院を受診する約半年前の2010年2月に、別の病院で胃潰瘍と診断されていました。

その後、同年9月に土庫病院を受診し、再度検査を受けますが、その検査では、胃がんであることが判明しました。しかし、担当の医師は、2月の検査結果である胃潰瘍と思い込み、最新の検査結果を確認せず、胃薬を処方していました。

昨年になって、ミスが判明しましたが、その段階ですでに男性は末期の症状だったそうです。病院側はミスを認め謝罪をしていますが、遺族は損害賠償などを求めて提訴する予定といいます。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る