運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

10年後には、経口治療が主流の見込み 肝炎

2012年07月09日(月)17時00分配信 配信日:12/07/09 17:00 icon_view845view icon_view845view
■経口抗ウィルスでの治療に移行は10年程度で

ビジョンゲインの調査によると、世界中で肝炎治療薬や、ワクチンのニーズが上がっており、2012年には87億ドルに達する見通しがついたという。

この報告は、株式会社グローバルインフォメーションにより、販売が開始された。これによると、同市場は成長の一途を遂げているが、その中でも、伸びが予測されているのが、経口抗ウィルス剤。2022年に市場の最大部門になると見られている。

■インターフェロンは減少の見込み

この成長の裏には、C型肝炎治療薬の、直接作用型ウィルス製剤の承認が間近になっていることがある。2011年では、B型・C型の肝炎治療でのインターフェロン療法は市場34%を閉めていたが、将来的に経口抗ウィルスでの治療が主流となると見られており、これからは徐々に減少していく傾向が予測されている。

経口治療薬の開発は、Abbott、Bristol-Myers Squibb、Gileadなどによって、取り組まれている。開発、承認に至ると、肝炎の治療は大きな転換期を迎えることが予想されている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る