業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

くすりの適正使用協、社会全体の医薬品リテラシーの向上目指す

2012年07月14日(土)09時15分配信 配信日:12/07/14 09:15 icon_view769view icon_view769view
くすりの適正使用協議会の黒川達夫理事長は、5日に行われた同会の平成24年度総会でレギュラトリーサイエンスをテーマにした講演を行い、医薬品の適正使用は専門家視点だけではなく個人や社会を含めた全体的な医薬品リテラシーの向上がカギを握るのではないかと指摘した。その上で、協議会として今後は医薬品のユーザーとの双方向的な情報交換を推進していく方針にあることを説明し、そのためにメディアとの協力関係も構築していきたいと強調した。その対象となる医薬品も新薬だけではなく、領域が拡大するGEやスイッチ品の増加が予測されるOTC薬も含めて広く対応していくものとした。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5597件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月20日~07月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月20日~07月27日

もっと見る