業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

新生児の疼痛管理 日本はまだ消極的

2012年07月31日(火)17時00分配信 配信日:12/07/31 17:00 icon_view976view icon_view976view
■新生児期の疼痛管理はその後の人生に影響

新生児期に疼痛を伴う治療を繰り返し受けると、成長してからも痛みに過剰に反応したり、心理的に不調を伴うことがあると報告されている。

アメリカとカナダでは小児科学会が、新生児の治療時の疼痛緩和に積極的に取り組むよう、すでに2000年に声明を出している。

■国内では、積極的取り組みは2割

ところが、広島大学保健学専攻科の小沢美緒講師らの調査で、国内では新生児の治療に伴う疼痛緩和に取り組んでいる施設が、全体の2割に満たないことが分かった。この報告は、第48回日本周産期・新生児医学会学術集会で紹介された。

調査は、全国の総合・地域周産期母子医療センター367施設に対して行われ、部門長医師161人、看護師長170人が回答を寄せた。

疼痛を伴う治療について、疼痛緩和に取り組んでいるとの回答は、医師で17%、看護師で13%。痛みの評価の基準として、心拍・表情などの目安を設けているのはおよそ半数だった。

新生児看護を専門とする小沢氏は、
「痛みの管理が重要という個人の意識は高まっている。具体的にどう取り組むのかを、施設ごとに医療者全体で考えていくことが必要」
と話している。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る