業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

来年度予算次第では全額患者負担

2012年08月06日(月)09時47分配信 配信日:12/08/06 09:47 icon_view791view icon_view791view
先進医療 未承認抗がん剤の購入費用は施設の持ち出しに
厚生労働省がドラッグラグ対策の一環として掲げる、未承認抗がん剤の先進医療での使用だが、予算確保は不透明だ。中央社会保険医療協議会で、先進医療と高度医療の一元化が了承され、未承認抗がん剤の枠組みも運用に向けて調整に入った。しかし、未承認抗がん剤の購入費用は来年度予算で準備することになっており、十分な予算が獲得できなければ実施する施設の持ち出しとなる。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る