業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「漢方除外効果」で後発品割合が急増

2012年08月27日(月)09時21分配信 配信日:12/08/27 09:21 icon_view974view icon_view974view
協会けんぽ調査 4月は27.6%、揺らぐ追加下げ実施根拠  
12年度診療報酬改定から「生薬と漢方製剤」を分母から除外して後発品使用割合(数量ベース)の集計方式が、使用割合に大きなインパクトを与えている。全国健康保険協会(協会けんぽ)が発表した12年4月調剤分の後発品使用割合は、前月から3.8ポイント増の「27.6%」に達した。このうち、生薬と漢方を除外した効果は2.3ポイントもあった。
(情報提供元:医薬経済社

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20058件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5681件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る