業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

厚労省より強く注意喚起 リリカ服用中の交通事故2年で10件

2012年09月03日(月)17時00分配信 配信日:12/09/03 17:00 icon_view2852view icon_view2852view
■発売後2年で交通事故10件

帯状疱疹や、線維筋痛症の鎮痛剤、ファイザー株式会社から発売されているリリカ(R)を服用して、自動車を運転中に交通事故を起こした人が過去2年間で10人に上っていたことが明らかになった。

厚生労働省では8月29日付けで、リリカ(R)服用中は、車の運転を行わないよう強く注意喚起した。

■運転中の意識障害は特に危険

リリカは、2010年6月に国内で発売された。発売元の推計によれば、年間約26万人が服用している。これまで、32名でめまい、意識レベル低下などの副作用を確認している。

中には薬との因果関係が不明な事例もあるが、このうちの10名は運転中に意識を失うなどの副作用で、交通事故を起こしている。怪我をしたのは3名で、いずれも人身事故ではなかった。
(情報提供元:エスタイル)

Good 8

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る