運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

AEDを使える人を増やして救命率をアップさせよう 徳島県

2012年09月18日(火)17時00分配信 配信日:12/09/18 17:00 icon_view772view icon_view772view
■救命率向上にはAED使用率アップが欠かせない

2004年7月に一般市民による自動体外式除細動器(AED)の使用が認められてから、AEDの設置台数は急増しました。しかし徳島県によると、2011年度、突然の心停止を起こした人に対し救急車到着までにAEDが使用されたケースは4.2%だったそうです。そこで救命率向上のために、AEDを使える人を増やす対策が行なわれています。

■救急車到着前の心肺蘇生法が救命率向上のカギ

徳島新聞の報道によると、AEDは徳島県内に少なくとも1600台程度設置されているそうです。しかし、2011年度に心停止の状態で救急車を呼んだケース240件のうち、救急隊の到着までに心臓マッサージなどの心肺蘇生法が実施されたのが98件(40.8%)だったのに対し、AEDが使用されたのは10件(4.2%)でした。

■AED設置は増えた…次は使える人を増やそう

救急車到着までに心肺蘇生法が行なわれているかどうかは救命率を大きく左右しますが、徳島県の場合、AEDを使ったのは偶然現場に居合わせた医師や救急救命士、学校の養護教諭など救命意識の高い人が多かったそうです。そのため、徳島赤十字病院では
「使える人を増やす必要がある」
として、県内のショッピングセンターで心肺蘇生法の講習会を開くなど、AEDの使用方法の周知活動に力を入れているそうです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る