業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

統合失調症の認知障害、タンパク質の減少が一因

2012年09月26日(水)17時00分配信 配信日:12/09/26 17:00 icon_view727view icon_view727view
■「前頭前野」と認知機能障害

現在、100人に1人が発症するとされている統合失調症。その患者には、思考力や注意力の著しい低下が見られる。その認知機能の中枢を担うのが、脳の「前頭前野」という部位だ。

金沢大学の研究チームは、アメリカの脳バンクを利用し、統合失調症の患者と精神疾患にかかったことがない人たち、それぞれ42人の前頭前野を調べることで、認知機能の衰えの原因を探った。

その結果、統合失調症の患者20人の前頭前野で認知機能の調節で大きな役割を果たす神経細胞の分子が32~46%、また、たんぱく質の一種である「LHX6」が約22%減少していることが判明した。

LHX6は神経細胞の発達を促す働きをする物質だ。このことが原因で認知機能障害が起きている可能性が高いという。

■新たな治療法の確立に

研究チームは、今回の研究結果を2012年9月14日付の米精神医学誌(電子版)に発表した。

統合失調症の症状には、認知機能障害の他、幻覚や妄想などがある。幻覚や妄想には治療薬が存在するが、認知機能障害に有効な治療法はまだ確立されていない。

今回の発見が、新たな治療法の発見に繋がる可能性は高い。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る