業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

難しい医療用語も22言語に翻訳 問診支援アプリ

2012年09月28日(金)17時00分配信 配信日:12/09/28 17:00 icon_view915view icon_view915view
■医師と患者のコミュニケーションをスムーズに

医師による問診を英語、中国語、韓国語、インドネシア語など22言語に翻訳するスマートフォンアプリ「ヘルスライフパスポート」が公開されています。日本に滞在している外国人が日本の病院を受診もしくは日本人が海外の病院を受診するとき、または聴覚障がい者が受診する際などに医師と患者とのコミュニケーションをスムーズにしてくれるアプリです。

■174の問診項目を2カ国語で表示

同アプリは株式会社アイエスゲートと群馬大学医学部付属病院医療情報部との共同研究で開発されたもので、7月の公開以来、すでに40カ国以上でダウンロードされたそうです。使い方は、タッチ入力で母国語と翻訳したい言語を選び、体の部位や生活習慣など、問診をしたい項目を選ぶだけ。内科を中心とした174項目から状況に合わせた問診が2言語で表示されるので、医療者と患者が確認しながら問診を行うことができます。また履歴を保存しておくこともできるので、患者自身がそのときの症状や既往歴、飲み薬の有無などの情報を登録しておくこともできます。

アプリのダウンロードは無料で、iPhoneやiPad(iOS5.0以上)とAndroid端末(Android2.2以上)で利用できます。ヘルスライフのウェブサイト(http://www.health-life.org/healthlife/)からはパソコン上でも利用することができます。スマートフォン用アプリの場合、一度ダウンロードすればインターネット接続のない状況でも利用可能です(PDF作成など一部の機能を除く。)
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る