運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

花で入院患者に癒しを 鹿児島共済会南風病院

2012年09月30日(日)09時00分配信 配信日:12/09/30 09:00 icon_view1050view icon_view1050view
■花を見ると笑顔になる

鹿児島共済会南風病院では、職員が患者の気持ちを大事にした取り組みを行っています。

外に出る機会が少ない入院患者にとって、「四季」を感じることができるのは、「花」に触れあうこと。

そう考えた同病院の職員は、病室に飾る花を自主的に持ち寄り、患者の病室に生けていましたが、外来の患者や、患者の家族にも声をかけ、より多くの花を集めることにしました。

■患者達が元気になることを願い

そこで考えたのが、「野の花ぽすと」。毎週月曜日に設置し、自分で育てた花や、道に咲いている花の提供を呼びかけることにしました。

寄せられた花は、その日のうちに病室に飾られるとのことですが、設置が始まった24日には、彼岸花やススキ、コスモスなどが寄せられていたそうです。

なお、「花」には、癒し効果があることを、千葉大学環境健康フィールド科学センターでは、バラ生花を使用した調査で、医学的に証明しています。

調査結果では、花の無い部屋に比べて花のある部屋では「活気」の気分プロフィールが大幅に増加し、「混乱」、「疲労」、「緊張・不安」、「抑うつ」、「怒り・敵意」が低下。

さらに、心拍変動性を用いたバラ生花がもたらす生理的効果の測定では、花のある部屋では、交感神経活動が25%低下し、逆に副交感神経活動が29%上昇し、生花がもたらす生理的リラックス効果を医学的に証明できたそうです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19745件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る