業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

東大、変形性関節症の治療薬の候補となる化合物を発見

2012年10月13日(土)09時00分配信 配信日:12/10/13 09:00 icon_view907view icon_view907view
■変形性関節症の治療薬の候補に

東京大学は、同大学院工学系研究科(医学系研究科兼担)の鄭雄一教授らが関節軟骨組織を保護し再生させる低分子化合物(TD-198946)の同定などに成功したことを発表しました。研究は今後、 ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の代表的疾患である変形性関節症の原因療法薬の開発につながる可能性があるそうです。

■関節軟骨組織を保護・再生する低分子化合物を同定

東大の発表によると、鄭雄一教授と同大学院医学系研究科の矢野文子特任助教授は、変形性膝関節症において軟骨内骨化の後期にみられる軟骨細胞の肥大分化に類似した現象が見られることから、軟骨基質を合成し、肥大分化促進分子を抑制する薬剤の同定を目指してきたそうです。その結果、低分子化合物TD-198946が軟骨分化・軟骨基質を合成し、肥大分化を促進しないことを突き止め、さらに軟骨の初期分化に重要な役割を果たすRunx1を強く誘導して、関節軟骨の保持に寄与していることを発見しました。本研究成果は、「Annals of the Rheumatic Diseases」(2012年10月5日オンライン版)に掲載されました。

同大では、Runx1をターゲットとする低分子化合物は将来、変形性関節症の原因療法薬の開発につながる可能性があるとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る