運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

中外製薬・第3四半期 ▲0.2%の微減収、抗がん剤は好調

2012年10月24日(水)09時49分配信 配信日:12/10/24 09:49 icon_view544view icon_view544view
中外製薬が23日に発表した12年12月期第3四半期の売上高は前年同期比▲0.2%の2754億8百万円だった。競合品に圧されている「エポジン」が、昨年7月に発売した後継品「ミルセラ」への切り替えもあって▲50.7%の111億円に減少。代わってミルセラが122億円に急増し、「アバスチン」や「ハーセプチン」といった抗がん剤も好調を維持したが、輸出の先送りなどで全体の売上高は微減にとどまった。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る