運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

中外製薬・第3四半期 ▲0.2%の微減収、抗がん剤は好調

2012年10月24日(水)09時49分配信 配信日:12/10/24 09:49 icon_view530view icon_view530view
中外製薬が23日に発表した12年12月期第3四半期の売上高は前年同期比▲0.2%の2754億8百万円だった。競合品に圧されている「エポジン」が、昨年7月に発売した後継品「ミルセラ」への切り替えもあって▲50.7%の111億円に減少。代わってミルセラが122億円に急増し、「アバスチン」や「ハーセプチン」といった抗がん剤も好調を維持したが、輸出の先送りなどで全体の売上高は微減にとどまった。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1298件)

show

2017.03.22 new 234.改めて一枚岩ではないことを露呈した 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.15 new 233.その事例を収集つもりはないのですか? 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.09 38.薬剤師向けサイトが充実している “3強”製薬… 【オモテに出ている裏話】

2017.03.08 232.消費者視点は“ズバリ”だ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.02 85.先発医薬品希望 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19400件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5487件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:03月16日~03月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:03月16日~03月23日

もっと見る