業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

塩野義 抗HIV薬のロイヤリティ見直し

2012年10月30日(火)09時51分配信 配信日:12/10/30 09:51 icon_view806view icon_view806view
手代木社長 提携先と契約変更、「クレストールと同じ枠組みでない」
塩野義製薬は29日、抗HIV薬に特化した英ヴィーヴヘルスケア(GSKとファイザーの合弁会社)との契約内容を変更したと発表した。塩野義が保有するインテグレース阻害剤「ドルテグラビル」(DTG)や、DTGまたは「S-265744」など関連製品を含有する配合剤の権利を、ヴィーヴに移転。対価としてヴィーヴの株式10%と取締役1人の指名権を獲得する。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る