運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「メタボ」より怖い「ロコモ」。若いうちから、しっかり対策を!

2012年11月01日(木)17時00分配信 配信日:12/11/01 17:00 icon_view1506view icon_view1506view
■政府が進める「健康日本21」の次の目標は?

政府が進めている国民の健康づくり運動「健康日本21」。2013年2月で10年間の「第1次計画」期間が終了し、2013年3月から次の10年間を対象にした「第2次計画」が始まります。

「第1次計画」では、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の認知度を広げることを目標の一つとしていましたが、その目標は達成。次に政府が認知度を広げようとしているのが、「ロコモ」という言葉。

「ロコモ」とは、ロコモティブ(Locomotive)シンドローム」(運動器症候群)の略で、 骨や関節、筋肉など運動器の衰えや障害で介護が必要な状態、または必要になる可能性の高い状態を指します。現在認知度は非常に低いものの、「ロコモ」予備軍は、約4700万人。なんと40歳以上の男女の5人に4人が“ロコモ及び予備群”と推定されているそうです。

■「ロコモ」チャレンジで、危険度を知る

日本整形外科学会では、「ロコモ」に関する正しい知識を広めるために、「ロコモ チャレンジ!推進協議会」を設立。「ロコモ チャレンジ!」公式サイトを開設し、その啓発に努めています。

サイトでは、簡単に「ロコモ」危険度が分かるチェックシートや、「ロコモ」を予防することができる「ロコモーショントレーニング」などが紹介されており、今日からでも予防策を講じることが可能に。

「メタボ=太り気味=運動」と考えて、痩せている自分には無関係と思っていた人も、「ロコモ=筋力の衰え=寝たきり」と言う怖さを知れば、人ごとではないのでは。

そんな怖い「ロコモ」ですが、「ロコモ チャレンジ! 推進協議会」副委員長大江隆史氏によると、定期的な運動と栄養に気をつけることで、予防は40歳からでも十分間に合うとのこと。

健康寿命を延ばすキーワードは、「メタボ」と「ロコモ」の2つ。「ロコモ チャレンジ!推進協議会」では、この2つに気をつけて、今から予防と対策を心がけて欲しいとしています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:2件

記事・レポート(1292件)

show

2017.02.22 new 230.ポイント問題が再燃はネット販売と同じ道を歩… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.15 new 229.そのメッセージは誰の展望なのか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.08 228.依然として続発する子どもの誤飲対策を薬剤師… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.02 84.院内・外の調剤料 【世塵・風塵】

2017.02.01 227.2020に向けスポーツファーマシストを活か… 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19146件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5449件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:02月15日~02月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:02月15日~02月22日

もっと見る