業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

医薬品開発基礎研究会 11月10日に学術集会を開催

2012年11月13日(火)17時00分配信 配信日:12/11/13 17:00 icon_view622view icon_view622view
■年1回開催の学術大会

11月10日、第17回医薬品開発基礎研究会学術集会が昭和大学(東京都品川区)で開催されます。同研究会は医薬品開発に係る試験の質的向上と、試験を担当する研究者の学術向上を目的として組織されました。今回開かれる学術大会は、同研究会が年に1回開催しているものです。

■プログラムは3つの基調講演とシンポジウム、懇親会

今回のプログラムは、3つの基調講演(医薬品医療機器総合機構理事長の近藤達也氏による「医薬品開発の国際化時代における日本のリーダーシップにむけて」、ファイザー株式会社の堀井郁夫氏による「医薬品開発中止の決定が安全性評価の立場からどのようになされたか?」、日本製薬工業協会医薬産業政策研究所主任研究員の林邦彦氏による「医薬品開発におけるコンパニオン診断薬の役割とその課題」)と「我が国における癌領域のコンパニオン診断薬の現状と課題」をテーマにしたシンポジウムです。シンポジウム終了後には懇親会も予定されています。

■学術大会詳細

主催:医薬品開発基礎研究会
会期:2012年11月10日(土) 9時55分~17時00分
会場: 昭和大学旗の台キャンパス 4号館6階600号教室 (東京都品川区旗の台1-5-8)
会費:8,000円 (研究会終了後送付する講演記録集代を含む)
問い合わせは昭和大学医学部臨床薬理学内の事務局(電話03・3784・8128)まで。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る