業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「硬膜外腔に持続注入すべき薬剤の誤った接続」を紹介

2012年11月23日(金)09時00分配信 配信日:12/11/23 09:00 icon_view978view icon_view978view
硬膜外腔に持続注入すべき薬剤を誤って静脈カテーテルに接続して投与した事例が2008年1月1日から12年9月30日まで2件報告されていることが、日本医療機能評価機構の「医療安全情報No.72」で分かった。事例は、食道がん術後の疼痛コントロールのため、硬膜外カテーテルよりバルーンジェクター(加圧式医薬品注入器)を使用して、ドロレプタン、ポプスカイン、塩酸モルヒネを持続的に注入。術後3日目、保清時に硬膜外カテーテル刺入部の発赤、腫脹を認め、カテーテルを確認したところ接続部が外れていたという。硬膜外カテーテルに接続されているはずのバルーンジェクターをたどってみると、中心静脈カテーテルに接続したシュアプラグ延長チューブに接続されていたことが分かった。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19965件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5655件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:09月19日~09月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月19日~09月26日

もっと見る