業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「脱長期収載品」が課題、新薬に傾注

2012年11月26日(月)09時31分配信 配信日:12/11/26 09:31 icon_view703view icon_view703view
塩野義と22日から併売の「アイミクス」、降圧効果で差別化
大日本住友製薬の中島享・常務執行役員営業本部長は本紙のインタビューに、特許・再審査期間中の主力新薬の拡販に傾注する方針を強調した。一般名処方加算などの影響で4月以降、開業医市場が中心の降圧剤「アムロジン」や、戦略品のひとつと位置づける「プロレナール」などの売上げが大きく落ち込んでいることから、「長期収載品の売上げ比率を下げることが課題」と語った。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19804件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る