業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

平均在院日数は病院34.3日、うち一般病床は18.9日 平成23年患者調査から

2012年11月29日(木)17時00分配信 配信日:12/11/29 17:00 icon_view841view icon_view841view
厚生労働省がまとめた「平成23年患者調査の概況」によると、平成23年9月中に退院した全国の推計患者の平均在院日数は、病院34.3日、一般診療所17.5日、病院の退院患者を都道府県別で見ると、高知県が54.7日で最も長く、神奈川県が25.5日で最も短かった。病床別では、病院の一般病床は18.9日、療養病床207.8日、精神病床341.6日などとなっており、一般病床の都道府県別では、徳島県と高知県が24.2日で最も長く、神奈川県が15.9日で最も短くなっている。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る