運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

平均在院日数は病院34.3日、うち一般病床は18.9日 平成23年患者調査から

2012年11月29日(木)17時00分配信 配信日:12/11/29 17:00 icon_view814view icon_view814view
厚生労働省がまとめた「平成23年患者調査の概況」によると、平成23年9月中に退院した全国の推計患者の平均在院日数は、病院34.3日、一般診療所17.5日、病院の退院患者を都道府県別で見ると、高知県が54.7日で最も長く、神奈川県が25.5日で最も短かった。病床別では、病院の一般病床は18.9日、療養病床207.8日、精神病床341.6日などとなっており、一般病床の都道府県別では、徳島県と高知県が24.2日で最も長く、神奈川県が15.9日で最も短くなっている。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.04.26 new 239.モノで釣る手法の見直しを 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.21 new 薬剤師が知っておきたい! これからの肺がんチーム医… 【特集記事】

2017.04.19 238.良かったと感じられる行動はどんなことか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.13 39.4人に1人が週1回以上訪れるドラッグストアで… 【オモテに出ている裏話】

2017.04.12 237.薬剤師56位の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19590件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5548件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る