業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

市販後調査の費用、支払い見直しを

2012年11月30日(金)10時08分配信 配信日:12/11/30 10:08 icon_view700view icon_view700view
「公協規」理由に上限3万円、医療機関側は「企業と交渉余地」
新薬の市販後に製薬企業が実施する特定使用成績調査を含む市販後調査の費用負担を巡り、医療機関側から不満の声が上がっている。市販後調査の調査票作成に費やす作業量の増加とともに、人件費などのコストが嵩むケースが増えてきたにも関わらず、メーカーからの支払額が低く抑えられているため。企業側は公正競争規約を理由として、多くが1調査票当たり3万円以下しか支払っていない実態があるという。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る