業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ノロウイルス変異型検出 感染性胃腸炎に警戒を

2012年12月16日(日)09時00分配信 配信日:12/12/16 09:00 icon_view1227view icon_view1227view
■ノロウイルス変異型が全国で検出

下痢や嘔吐を起こす感染性胃腸炎の主な原因となるノロウイルスで、遺伝子変異のあるものが全国の患者から検出されている。12月7日に発表された国立感染症研究所の調査では、6週連続で患者が増加している。

■大きな流行を引き起こすおそれ

国立感染症研究所が全国約3000か所の小児科で実施している定点調査(11月19日から25日)では、1地点あたりの患者報告数が13.02人となった。2週連続で10人を超える数値となった。過去10年での同時期としては2006年についで2番目の流行である。

国立感染症研究所によると、感染性胃腸炎の報告は西日本地域で多く、報告のほとんどがノロウイルスによるものとみられている。多くの人が変異したノロウイルスに対する免疫がないため、流行の拡大が懸念されている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:1件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20050件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月12日~10月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月12日~10月19日

もっと見る