運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

空腹で記憶力アップ  東京都医学総合研究所が発表

2013年02月05日(火)17時00分配信 配信日:13/02/05 17:00 icon_view951view icon_view951view
■空腹で記憶力アップ  東京都医学総合研究所が発表

公益財団法人東京都医学総合研究所の平野恭敬主任研究員、齊藤実参事研究員らの研究グループは、空腹状態が記憶力向上に関与することをショウジョウバエを用いた実験により明らかにした。

アルツハイマー病や老化などによる記憶障害の治療は、クオリティ・オブ・ライフ(Quality Of Life)の向上にとって欠かせない重要なことであるが、効果的な治療方法は未だ確立されていないのが現状だ。

今回、研究グループは空腹状態にしたショウジョウバエは1回の学習で長期記憶が形成されるという過去の研究結果に着目し、その分子メカニズムを明らかにするとともに、血糖値をコントロールする物質であるインスリンが低下すると、記憶力が向上することをつきとめた。

これまで、「勉強は食前に行うと良い」など、記憶と空腹には関連性があると一般的に言われてきたが、科学的に実証されたのはこの研究が世界初となる。

研究成果は2013年1月25日(米国東部時間)発行の米国科学誌「Science」に掲載されている。

■空腹状態が記憶力向上に関与するメカニズム

動物が長期記憶を形成する際には、DNA上の遺伝情報を読み出すタンパク質であるCRBEが重要な役割を果たす。

また、CRTC、CBPと呼ばれる2つのタンパク質は、このCRBEを活性化させることがこれまでの研究で明らかになっている。今回の研究では、CRTCとCBPをそれぞれ阻害したショウジョウバエを用いて、満腹時と空腹時では長期記憶の形成にどのような違いがあるのかを調べる実験を行った。

その結果、満腹状態のショウジョウバエが複数回の学習を経て長期記憶を形成する場合は、CBPが重要となるがCRTCは関連性が少なく、逆に空腹状態のショウジョウバエが1回の学習で長期記憶を形成する場合はCRTCが重要であることがわかった。

これには、CRTCを細胞質内に留める効果があるインスリンが関与していると考えられる。満腹状態では体内のインスリンの分泌量が上昇するため、細胞質内に残ったままのCRTCは長期記憶形成に関与しないが、空腹状態ではインスリンの量が低下するため、CRTCが細胞核に移動し、CREBと結合する。

研究グループは、将来的にはCRTCの活性をコントロールする新薬を開発し、記憶力の改善につながる可能性もあるとして、今後もこのメカニズムの解析を進める方針だ。
(情報提供元:エスタイル)

Good 2

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る