業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

インフルエンザ集団感染で患者が死亡 仙台徳洲会病院

2013年02月11日(月)09時00分配信 配信日:13/02/11 09:00 icon_view849view icon_view849view
■高齢者2名が死亡

仙台市の病院でインフルエンザの集団感染が発生し、高齢の患者2名が死亡しました。

集団感染が発生したのは、仙台市泉区の仙台徳洲会病院。

同病院では、1月下旬以降入院患者10人と看護師4人の合計14人がインフルエンザに感染し、70代と80代の患者が死亡しました。残りの12人については快方に向かっているそうです。

死亡した2人は寝たきりの状態で、死因は急性呼吸不全でした。

■予防接種を受けていても感染

同病院では、職員の9割は予防接種を受け、感染した看護師のうち3名も接種をしていました。また、死亡した患者のうち1名も予防接種を受けていたそうです。

院内感染の発生後は、感染者と同部屋の患者や、看護師にインフルエンザ治療薬の投与を行い、面会者には、マスクと消毒をしてもらうなどの対策を採ったそうです。

宮城県では、1定点医療機関当たり患者報告数が30.65(2013年04週1月21日~1月27日)で警報発令基準を超え、注意報が発令された平成25年第2週(1/7~1/13)の8.90から激増している状態です。

今後もインフルエンザの流行が拡大する可能性があり、宮城県では注意を呼びかけています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る