運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

ケアネット 医師に「ヒヤリ・ハットとその報告」に対する意識調査を実施 

2013年02月11日(月)09時00分配信 配信日:13/02/11 09:00 icon_view679view icon_view679view
■3人に1人が月に一度以上経験!

医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネットは、医師1,000人に「ヒヤリ・ハットとその報告」に対する意識を調査しました。

この調査は、日本医療機能評価機構が平成24年12月に公開した「医療事故情報収集等事業 第31回報告書」において、平成24年7月~9月に報告された医療事故情報が814件で、その内訳が報告義務対象医療機関から726件、参加登録申請医療機関(任意で参加している医療機関)からは88件の報告であったことに基づいて、行われています。

調査ではまず、過去1年間で診療における“ヒヤリ・ハット”の経験を「週に一度」「月に一度」「半年に一度」「年に一度」「なし」から、最も近い頻度で選択してもらいました。
「週に一度」5.7%、「月に一度」26.3%、「半年に一度」32.6%、「年に一度」20.4%、「なし」14.4%

となり、3人に1人が月に一度以上ヒヤリ・ハットを経験している事が分かりました。また、どのような場面で経験したかについては、
「薬剤の処方・投与」56.3%、「治療・処置」36.2%、「転倒・転落」17.6%、検査9.8%

となりました。

■報告「する」「しない」の理由とは

では、“ヒヤリ・ハット”を経験した場合、医師は報告をするのでしょうか。その有無を調査したところ、全体の 41.1%が「全て報告する」と回答し、約6割が「報告しないことがある」と回答しました。

そこで、「報告をしない理由」について聞いたところ、全体では
「レポート作成に手間がかかるため」46.0%
「院内に報告の仕組みがないため」 23.0%
「報告しても事故予防に役立たないと思うため」19.4%

となりました。また、勤務施設別で見てみると「報告義務医療機関」では
「レポート作成に手間がかかるため」66.3%
「院内に報告の仕組みがないため」 2.3%
「報告しても事故予防に役立たないと思うため」23.3%

となりました。また「診療所・クリニック」では
「レポート作成に手間がかかるため」18.5%
「院内に報告の仕組みがないため」 59.9%
「報告しても事故予防に役立たないと思うため」12.7%

と、勤務施設によって異なることが分かりました。

手間がかかると言われている「レポートの作成方法」ですが、
「紙ベース」44.9%、「電子化された報告システム」32.3%

となっています。

電子化システムの導入については、一般の病院では 26.5%、「参加登録申請医療機関」では 60.2%、「報告義務医療機関」では 70.1%となりました。「ヒヤリ・ハットを報告しない理由」を聞いたときに、「報告義務医療機関」では、66.3%が「レポート作成等に手間がかかるため」と回答していたことから、電子化によるレポート作成がかえって面倒になっている状況を招いていると言えるようです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る