業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

インフルエンザ集団感染82名 むつ総合病院

2013年02月16日(土)09時00分配信 配信日:13/02/16 09:00 icon_view899view icon_view899view
■インフルエンザで持病が悪化

青森県むつ市のむつ総合病院で、インフルエンザの集団感染が発生し、入院していた60代の女性が1月下旬に死亡していたことが分かりました。

死亡した女性は、1月4日に心筋症のため同病院に入院。22日に発熱し、23日にインフルエンザへの感染が確認されましたが、31日に持病が悪化し死亡しました。

同病院では、1月中旬以降入院患者46人と職員36人の合計82人がインフルエンザに感染しましたが、死亡した女性以外は快方に向かっているそうです。

■対策を講じるも感染を防ぐことはできず

同病院では、インフルエンザの患者が急増したため、患者への面会時間の制限や、発熱や咳などの症状がある面会者はもちろんですが、中学生以下の子どもは、発熱や咳などの症状がない場合でも面会は断るなど、対策を講じていました。

女性への感染経路は分かっていませんが、女性が入院していた6人部屋の他の患者や担当職員にインフルエンザへ感染している人はいなかったそうです。

むつ市では、インフルエンザ患者報告数(第5週1月28日から2月3日)は、1定点あたり43.8人となり警報が発令中。また、青森県全体としては、第5週の患者報告数は、2162人、1定点あたり33.8人となっています。

■青森県第5週インフルエンザ状況■
◇第5週の患者報告数:2162人◇
・東地方 22人
・弘前 369人
・八戸 451人
・五所川原 192人
・上十三 565人
・むつ 263人
・青森市 300人

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る