運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

東京都 “本格花粉シーズン”突入 ウェザーニューズ

2013年03月03日(日)09時00分配信 配信日:13/03/03 09:00 icon_view478view icon_view478view
■東京都・埼玉県などで“本格花粉シーズン”へ

2月20日、株式会社ウェザーニューズは、花粉飛散数が西日本・東日本の各地で増加し、20日以降も花粉飛散数が増加する見通しから、東京都を含む1都7県が“本格花粉シーズン”に突入したことを発表した。同社によれば、西日本・東日本では、徐々に花粉の飛散量が増え始め、これからは、更に飛散量が増えていく見通しだという。

■西・東日本の各地で“花粉シーズン”開始

ウェザーニューズでは、日本全国1000か所に、花粉観測量に応じて目の色が変化する独自の花粉観測機「ポールンロボ」の設置を行い、花粉の観測をしている。20日に、東京都内29か所(総数98か所)の観測地点で、花粉症の症状が出始める花粉飛散量(30個)を超えるレベルに到達すると予想された。その他の地域では、埼玉県・栃木県・茨城県・群馬県・静岡県・宮崎県・山口県でも30個以上の花粉飛散量に到達する予想であるため、“本格花粉シーズン”に突入したことを発表した。

先週末は、“本格花粉シーズン”に福岡県・長崎県・大分県・熊本県が突入している。また、敏感な人の症状が出始める、花粉飛散量(10個)を超えるレベルに、大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・島根県・鳥取県・香川県・愛知県・三重県・岐阜県・長野県・宮城県・福島県が到達したため、“花粉シーズン”入りした。同社は、花粉症の人は、最新の花粉飛散情報を確認し、十分な対策を取る必要があるとしている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る