業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

管理薬剤師調査、高印象度トップは第一三共

2013年03月19日(火)17時00分配信 配信日:13/03/19 17:00 icon_view970view icon_view970view
■2133薬局回答による調査結果判明

社団法人日本保険薬局協会(NPhA)が会員薬局の管理薬剤師に対して行った、印象度の高い製薬会社を問う調査の結果が明らかになった。回答は2133薬局から得られたといい、MR訪問や勉強会、説明会の開催などで、印象度の高い製薬会社上位5位を挙げてもらったそうだ。

その結果、1位に輝いたのは、第一三共で664の回答数を得たという。次ぐ2位には、ファイザーがランクインし、513の回答数、3位は武田薬品工業で487、4位エーザイの372、5位アステラス製薬の364となっている。

■ジェネリックでは沢井製薬が高ランク

全製薬会社では、9位まで新薬メーカーが占め、ジェネリック(GE)メーカーは、10位の回答数182を得た沢井製薬が最高だった。ジェネリックメーカーに限定して印象度を尋ねた結果では、1位が沢井製薬(回答数・1045)、2位東和薬品(777)、3位日医工(752)、4位テバ製薬(482)、5位エルメッドエーザイ(413)となったそうだ。

どの程度が最適な訪問頻度と感じるかを問うた設問では、最も多い回答は月1回で62.4%と過半数を占めている。その他の回答では、週1回が16.4%、3カ月に1回が14.9%だったという。

メーカーへの要望を尋ねると、最も多かったのは新薬や治療ガイドラインなどの「最近のトピックス」に関する情報提供で、93.5%が選択した。その他、医師の処方意図や使用薬剤に対する感想を求める声、近隣医師の処方情報や適応外処方に関する情報、その地域における医薬品使用情報など、地域の医療情報にも一定のニーズがあることがうかがえる結果となったとされている。
(情報提供元:エスタイル)

Good 1

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る