運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

東京都が緊急対策 風しんの予防接種を補助

2013年03月30日(土)09時00分配信 配信日:13/03/30 09:00 icon_view579view icon_view579view
■ワクチンの接種費用を補助

東京都では、昨年の夏頃から成人男性を中心とした風しんの流行が継続している。今年の2月以降、風しんの患者報告数が急増し、週当たり報告数が10名を超す状況が続き、風しん患者の報告数がこれまでにない規模となっている。東京都は、現在の風しんの流行を受けて、緊急対策として先天性風しん症候群の発生防止を目的としたワクチン接種を実施する区市町村への支援を行うことを決定した。

■妊娠予定の女性と妊婦の夫が対象

今回の風しんの流行は、過去に定期予防接種の機会がなかった世代を含む30歳代から40歳代の男性を中心に起こっている。風しんの流行が拡大することにより、先天性風しん症候群の発生も危惧される。先天性風しん症候群とは、風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中(特に妊娠初期)に風しんに感染すると、胎児が白内障、先天性心疾患、難聴などを主な症状とする先天異常を起こす感染症である。

東京都では、ワクチン接種を区市町村が実施する場合の接種費用の補助を行う。助成制度の対象は、19歳以上で妊娠を予定または希望する女性や妊娠している女性の夫である。

また、東京都では、国に対して定期予防接種の機会のなかった年齢層への対応など、現在の風しんの流行状況をふまえた必要な対策を講じるように緊急提案を行った。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る