運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

抗ウイルス薬開発で鹿児島大教授にエリオン賞

2013年05月18日(土)09時01分配信 配信日:13/05/18 09:01 icon_view1016view icon_view1016view
■抗エイズ薬候補の物質発見で評価
国立大学法人鹿児島大学医師学総合研究科、難治ウイルス病態制御研究センターに所属する馬場昌範教授(ウイルス学、化学療法学)が、今年の「エリオン賞」に選ばれたことが分かった。11日、鹿児島大学によって発表された。

「エリオン賞」は、エイズ治療薬の発見につながる研究で、ノーベル医学生理学賞を受賞した米生化学者、薬理学者のGertrude Elion(ガートルード・エリオン)氏にちなみ、国際抗ウイルス学会(ISAR)が設けた賞で、抗ウイルス薬の研究開発分野で優れた功績をあげた人物に贈られている。

■アジア人としては初の受賞が決定!
エリオン賞の受賞は、アジア人としては馬場教授が初となるという。馬場教授は、製薬会社などとの共同研究開発により、1999年と2003年にエイズウイルスの増殖を抑制する、2つの化合物を発見。これらの物質は、現在抗エイズ薬候補となっており、ともに米国で臨床段階にある。5年以内にも抗エイズ薬として市販される見通しとも伝えられている。

受賞に際しては、こうした功績が認められたほか、馬場教授の論文が世界各国の多数の研究者によって引用されていることも評価された。現地時間の11日から15日にかけて、米サンフランシスコで開かれる国際抗ウイルス学会において、同賞授賞式も行われる。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1387件)

show

2018.05.16 new 294.騒動の行方は。 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.09 new 293.来場者が行動で示した潜在的関心 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.03 99.サラリーマン薬剤師 【世塵・風塵】

2018.05.02 292.調剤薬局の大倒産時代が迫っている?! 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.25 291.高まる『対面』の再検討機運 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20685件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(16件)

show

ブログ(5819件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月14日~05月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月14日~05月21日

もっと見る