業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

厚労省、新型インフルエンザに係る症例定義を改定・通知

2009年05月12日(火)14時24分配信 配信日:09/05/12 14:24 icon_view873view icon_view873view
厚生労働省は9日、新型インフルエンザに係る症例定義や届け出様式を改定し、各都道府県、政令市、特別区に通知した。従来の届け出基準(4月29日通知)では、迅速診断キットの結果がA型陰性かつB型陰性の場合でも、診察した医師が感染を強く疑う場合は届け出の対象となっていたが、今回の改定により、症例定義を満たした場合でも、医師が海外への渡航暦や症状などから勘案し、「明らかに感染していない」と判断した場合は、届け出る必要はなくなった。
(情報提供元:
医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る