業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

アストラゼネカ、米オムセラを買収へ

2013年06月02日(日)09時01分配信 配信日:13/06/02 09:01 icon_view1736view icon_view1736view
■心臓病薬関連事業をさらに強化か
英国・スウェーデン系医薬品大手で、グローバルなバイオ・医薬品企業として、創薬、開発、製造およびマーケティング活動等の事業を100カ国以上で展開している、アストラゼネカ株式会社が、米国の心血管疾患専門薬のメーカーである、Omthera Pharmaceuticals(オムセラ・ファーマシューティカルズ)を買収することが分かった。

28日、伝えられたところによると、買収額は最大4億4300万ドルに上る見込みという。アストラゼネカは、この買収により、同社が重点分野としている、心臓関連の医薬品事業をさらに厚みをもったものへ強化していく狙いがあるものとみられる。

■オムセラの試薬「Epanova」に期待
オムセラ・ファーマシューティカルズからは、すでに同日の28日付で、買収に関する発表が出されている。同社は魚油由来の薬品の創薬を続けてきたことで知られるが、とくに新薬「Epanova」は注目されてきた。

「Epanova」はオメガ3系脂肪酸製剤。魚の油の主成分としても知られるEPA(エイコサペンタエン酸)や、DHA(ドコサヘキサエン酸)を天然由来で抽出し、濃縮、高度精製、遊離脂肪酸化などを経て製剤化している。

アストラゼネカによれば、オムセラの株主には、1株につき12.70ドル、総額3億2300万ドルに加え、この試薬「Epanova」が成功すれば、1株につき最大約4.70ドル、総額1億2000万ドルを受け取る権利が付与されることとなるという。

アストラゼネカは、先月にも傘下のメドイミューンを通じ、米バイオテクノロジー企業のアルファコア・ファーマを買収しており、企業買収による部門強化を続けている。

(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5568件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る