業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

世界初の7自由度をもつロボット、創薬に期待

2013年07月27日(土)09時00分配信 配信日:13/07/27 09:00 icon_view642view icon_view642view
■川崎重工業が開発・出展

川崎重工株式会社は、7月10日~12日にかけて、東京ビッグサイトを会場に開催された、医薬・化粧品業界、世界有数の専門技術展である「第26回インターフェックスジャパン」において、世界初の7自由度をもつオールステンレスロボットを出展した。

このロボットは「MSR05」と名付けられたロボットで、洗浄や充填、秤量の各プロセスを自動で行えるほか、洗浄ガンをもってロボット自らの除染動作も行える。ちなみに自由度とは、手や足を動かせる方向のことで、人間の手首関節であれば、上下、左右、ひねりと3つの方向を動かすことができるので、“3自由度”といえる。各部分での前後、上下、回転といった自由度で7自由度を獲得し、細かな作業が行えるオールステンレスロボットは、この「MSR05」が世界初のものとなるのだそうだ。

■創薬・製薬現場での作業に期待


ボディ全体がステンレスでできているため、過酸化水素ガスによる滅菌空間にも耐えることができ、無菌空間で作業を行うことができる点が特徴だ。創薬や製薬の現場では、危険な作業、迅速で正確な作業が必要とされる実験は多い。このロボットがそうした場面で、作業を自動化し、効率よく、安全に、開発促進へ貢献することが期待されている。

「インターフェックスジャパン」展示会場でも、アイソレータ内に設置されたこのロボットが、洗浄作業や充填作業など、各プロセス間の搬送を自動で行うところや、自ら本体の除染動作をするところなどがデモンストレーションされた。川崎重工業では、このほかケーブル内蔵小型垂直多関節ロボットや小型パラレルリンクロボットの出展も行っていた。

創薬・製薬での活躍が期待される最新ロボットの「MSR05」は、来年1月以降の発売を予定しているそうだ。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る