業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

資金提供開示、武田などが電通系採用

2013年09月20日(金)12時08分配信 配信日:13/09/20 12:08 icon_view958view icon_view958view
透明性GL システム委託が主流、「2段階開示」で自前は困難に

日本製薬工業協会の透明性ガイドラインに基づき、今年から始まった医師や医療機関への資金提供額の開示。開示方法を巡っては、データを保存したり印刷できないよう、多くが閲覧制限を掛けているが、電通系の電通国際情報サービス(ISID)に業務委託したり、同社のシステムを採用する企業が主流を占めているようだ。最大手の武田薬品が主導する形で、10社以上の企業が追随したと見られる。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る