業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

関西医大・高橋教授 加齢黄斑変性、強いQOL低下招く

2013年09月20日(金)12時09分配信 配信日:13/09/20 12:09 icon_view611view icon_view611view
関西医科大学医学部眼科学講座主任教授の高橋寛二氏は19日、バイエル薬品が都内で開いたメディアセミナーで加齢黄斑変性について講演。「高齢化に伴い患者が増加しているが、認知度は白内障や緑内障に及ばない。しかし、欧米では失明原因の第1位で、発症すると強い生活の質(QOL)の低下を招く」と述べ、重大な疾患にも関わらず認知度が低い実態を訴えた。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る