業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

関西医大・高橋教授 加齢黄斑変性、強いQOL低下招く

2013年09月20日(金)12時09分配信 配信日:13/09/20 12:09 icon_view619view icon_view619view
関西医科大学医学部眼科学講座主任教授の高橋寛二氏は19日、バイエル薬品が都内で開いたメディアセミナーで加齢黄斑変性について講演。「高齢化に伴い患者が増加しているが、認知度は白内障や緑内障に及ばない。しかし、欧米では失明原因の第1位で、発症すると強い生活の質(QOL)の低下を招く」と述べ、重大な疾患にも関わらず認知度が低い実態を訴えた。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリックに関する薬剤師アンケート(まとめ) 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る