運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

滋賀医大 データ1割が不一致、「不適切」

2013年11月01日(金)13時22分配信 配信日:13/11/01 13:22 icon_view583view icon_view583view
ディオバン問題 研究者は「誤入力」と説明、恣意性否定できず

滋賀医科大学は31日、記者会見を開き、降圧剤「ディオバン」(一般名=バルサルタン)の大規模臨床試験「SMART」に対する学内調査の結果を公表した。試験に参加した150人分の尿検査のデータのうち、カルテと照合できた101人分を調べたところ、尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)値に関する10.1%のデータに不一致があることが判明した。データはバルサルタンに有利になる形で偏っていた。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1351件)

show

2017.12.13 new 272.その成分はトリガーとなるか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.12.07 new 94.40枚規制緩和論の浅はかさ 【世塵・風塵】

2017.12.06 new 271.ポリファーマシー解消にはほど遠い実態 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.29 270.空気は点数と無関係という自信 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.22 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20273件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5732件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:12月10日~12月17日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月10日~12月17日

もっと見る