業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

近畿大・光冨氏 肺がん治療、個別化進むが「薬が少ない、新薬に期待」

2013年11月06日(水)10時58分配信 配信日:13/11/06 10:58 icon_view927view icon_view927view
近畿大学医学部外科学講座呼吸器外科部門の光冨徹哉教授は5日、日本ベーリンガーインゲルハイム主催のセミナーで講演。分子標的薬の登場で、肺がん治療が遺伝子別に細分化され、特にEGFR遺伝子変異を持つ患者に関しては、「シスプラチンとドセタキセルの併用療法や、ゲフィチニブの単剤療法で、約3年にわたる生存率の延長を達成した」と語った。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5596件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る