業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

エーザイ、結核の革新的創薬目指すパートナーシップに参画

2013年12月01日(日)09時00分配信 配信日:13/12/01 09:00 icon_view534view icon_view534view
■グローバル製薬企業7社、6つの研究機関で設立のパートナーシップに参画と発表

エーザイ株式会社は25日、結核に対する革新的な創薬を目指す国際的なパートナーシップである「Tuberculosis Drug Accelerator」(以下、TBDA)に参画したことを発表した。

TBDAは、ビル&メリンダゲイツ財団の支援を得て、AbbVie、AstraZeneca、Bayer、Eli Lilly、GlaxoSmithKline、Merck、Sanofiのグローバル製薬企業7社と、Infectious Disease Research Instituteをはじめとする6つの研究機関によって、2012年6月に共同設立されたもの。研究開発の早期段階より連携し、結核に対する化合物の探索を行う。

TBDAでは長期目標として、既存の6カ月間の治療法に対し、1カ月間の服用で結核が完治しうるような併用療法の開発を目指しているという。

■エーザイも化合物ライブラリーの一部を提供

エーザイでは、このパートナーシップに参画し、今後結核に対する化合物スクリーニングに向け、関係する自社化合物ライブラリーの一部を提供、候補化合物を見出した場合には、その化合物を他のパートナーと共有し、新たな治療法の創出で協力していくとしている。

結核は、感染症として世界で2番目に死亡者数の多い疾患であり、その理由として、第1選択薬が古い薬剤であり、十分な治療効果が得られるものでないことが挙げられている。現在利用されている治療薬では、治療期間も少なくとも6カ月を要するなど長くなっているため、完治前に治療を中断してしまうケースがしばしばみられるほか、感染の拡大、薬剤耐性を招きやすいという問題点がある。

TBDAでは、結核に対する革新的な創薬を目指し、その治療期間の短縮と治療中断率の減少を図っていくとしている。


(情報提供元:エスタイル)
w

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る